PHEASE WELLNESS SALON

Staff

スタッフ紹介

私は理学療法士の資格を保有していて、最初はスポーツトレーナーとして、アメリカンフットボールなどの選手のトレーニングやリハビリに関わっていました。その後、スポーツジムを利用する一般の方々の個人トレーナーとして働いたり、整形外科でのリハビリなども経験しました。病気やケガをしたアスリートが、元のパフォーマンスを取り戻すのではなく、ケガをする前よりパフォーマンスアップした状態で復帰することを目標に仕事に携わってきました。ある時、こうした理念がカタチになったお店があればいいのではないかと思い、2019年にPHASEをオープンしました。

健康になった後、男性ですと「かっこよさ」、女性ですと「美しさ」をテーマにトレーニングに取り組む方が多いです。今まで私がサポートしてきたことは、トレーニングやコンディショニングだけでしたが、 「かっこよさ」や「美しさ」などを目指すお客様を支えるのであれば、エステや理学療法士の知見を応用して活かせると思いました。私たちには機能解剖、つまり人体のベースの部分に関する知識があるので、それをお客様のニーズに合わせて、段階的にメニューを組んで実施出来たらいいのではないかと考え、今回パーソナルジムからウェルネスサロンにシフトチェンジをしました。

お客様から「もっと小顔になりたい」とか「もっと姿勢良くなりたい」、「小じわを消したい」などといったお悩みや相談をよく聞きました。もう一度骨格の歪みという観点から考えて取り組めば、様々なお客様の課題を解決出来るはずだと思い、PHASEオリジナルの手法を発案しました。

社長 古河郁門